健生病院・健生クリニック

看護部のページ

先輩からのメッセージ

感染管理認定看護師の役割

写真 感染管理認定看護師の役割は、患者さんや医療従事者、又病院を訪れる全ての人を感染から 守り安全な医療を提供することです。病院内で の感染拡大を未然に防ぐために、院内感染の早期把握に努め、各部門の職員と連携しながら日々活動を行っています。皆さんも一緒にどうですか?

健生病院 感染管理認定看護師 北山 優子


認定看護師取得のための支援体制があります

 「生命の危機状態にある患者の病態変化を予測し、 重篤化を回避するための援助ができる。」集中ケア分野で期待されている能力として、いくつかある中の一つです。心拍や呼吸パターン、表情や動き、皮膚や口腔の状態など、病態は刻一刻と変化していきます。五感を駆使し、声をかけ触れてみて観察する。様々な徴 候が重篤化していくのか、回復過程なのかをアセスメントしていくということを日々行っています。
当院では、認定看護師取得のための支援体制もあります。ここで、一緒に始めてみませんか?

健生病院 集中ケア認定看護師 神 恵子


スキルアップを目指す方はぜひ

写真 皮膚・排泄ケア認定看護師はストーマケアや褥瘡などの創傷ケア、失禁ケアを専門的に行う看護師です。スタッフと協力してケアの方法を考え、実践することで傷が良くなると、やりがいを感じますし、今まで学んできた知識や技術を活かせることが出来るので充実しています。当院では奨学金制度もありますので、スキルアップを目指す方はぜひ一緒に働きましょう。

健生病院 皮膚・排泄ケア認定看護師 長谷川奈美


看護の基本

写真 私は新人の時に、がん患者さんを担当したことが緩和ケアを学ぶきっかけとなりました。緩和ケアについて学び援助を行ってきましたが、患者さんからの「早く楽になりたい」という言葉、つらい体験をしている家族に対して何もできない無力感があり、知識と技術を身に付け患者さん家族の援助をしたいと緩和ケア認定看護師を目指しました。緩和ケアは特別な技術が必要なものではなく看護の基本だと思います。日々の実践ではスタッフの皆さんに助けてもらいながら、患者さんや家族へのケアを行っています。

健生病院 緩和ケア認定看護師 野里 春華


医療者の使命

写真 「希望は必ず見つかる」これが、私が緩和ケア認定看護師になるきっかけの言葉でした。癌と診断されたときの不安や辛さは、患者さんでなければわかることはできません。それでも、希望を見つけ、また笑える力が人間にはあるはずです。患者さんの気持ちを理解し、寄り添いながら支えるのは大きな医療者の使命です。難しいことばかりの緩和ケアですが、一緒に患者さんと向き合ってみませんか?

健生病院 緩和ケア認定看護師 小田桐 恵美


一緒に学び、 一緒に頑張りませんか?

写真 ERは、24時間対応しており、外来を訪れる患者さんは、あらゆる年齢で、疾患も風邪から心肺停止にいたる様々な患者さんが来られます。そのため来院時は、トリアージを行い緊急度・重症度の判断が重要となります。判断に戸惑うことも多いですが、医師らとともにチームで連携をとり、毎日大変ながらもやりがいを感じ仕事をしています。また、経済的に問題を抱えている患者さんには、ケースワーカーと連携をとり必要な医療が受けられるよう介入しています。いつでも、だれでも、なんでもの健生病院 のER。興味があれば、一緒に学び、一緒に頑張りませんか?

健生病院 ER


看護部のページ インデックスへ