健生病院・健生クリニック

看護部のページ

看護部のご紹介

「いつでも、どこでも、親切でよい医療・介護」をめざして

 健生病院は、津軽地域二次医療圏における急性期医療・リハビリテーション医療・母子医療等を 担う地域の基盤病院として医療活動を展開しています。

 私たちの看護は、「人権の尊重」「無差別・平等」を理念の軸に据え、地域のひとびとの いのちと健康を守り、安心して生活できるよう支援することを基本とし、「生きる」を支えられる看護を目指しています。


看護部理念

  1. いのちと生活にやさしく寄り添い、つなぐ看護・介護をめざします。
  2. 安心、安全なケア提供のため、常に自己研鑽に努めます。

看護体制

 健生病院の一般病棟では、急性期一般入院料1を算定し、看護必要度に応じた看護体制をとっています。これにより患者さまに接する時間が増え、清潔ケアの充実、環境整備の徹底など患者さまの立場に立った看護を実践しています。更に、高度医療への対応、医療安全の確保など、より一層安全で安心な看護の提供が可能です。


チーム医療と看護の質の向上

 健生病院では、多職種による「チーム医療」を積極的に展開しています。看護師にとっては栄養士、薬剤師などのスペシャリストからも専門的な知識を吸収してレベルアップできる場となっています。

 さらに、健生病院には、各職場ごとにそれぞれの専門性に基づいた教育プログラムがあります。臨床看護実践能力の向上、専門的看護の能力向上を目的に、クリニカルラダーを基盤とした看護部教育プログラムを実践し、キャリア開発に取り組んでいます。認定看護師や助産師等の資格取得支援制度(奨学金制度など)があり、現在、下記分野のスペシャリストが活躍しています。

認定看護管理者、集中ケア認定看護師、感染者管理認定看護師、緩和ケア認定看護師、回復期リハビリテーション看護師認定コース修了者、透析療法認定師、消化器内視鏡技師、青森県糖尿病療養指導士、ACLSインストラクター、口腔ケア学会認定者、ケアマネージャー、臨床実習指導者、認定看護管理者制度教育課程ファーストレベル・セカンドレベル修了者、呼吸療法士、臨床輸血看護師(学会認定)、医療安全管理者


看護部のページ インデックスへ