TimeSwitch

看護部コーナー

総看護長よりごあいさつ

 こんにちは。ようこそ看護部のページへ。

 私たちは、地域の住民の方々、組合員さんの命とくらしを守るを合言葉にチーム医療を展開しています。いつでも、どこでも、だれもが安心して受けられる医療、介護、福祉を提供できるように日ごろより活動をしています。

 私たちは、病気だけでなく、生活者としての患者様を看て、'生きる'を支えられる看護を目指しています。そのために、臨床実践能力向上に向けた基礎研修はもちろんのこと、健康権を学習し、人権を守る立場に立つことも研修を積んでいきます。

 また、看護の場面はひとつで完結しません。それぞれの場面から次の場面へ「つなげる看護」を大切に、ひとりひとりの患者様に継続されたケアを提供していけるようがんばっています。

 これから看護師としての新たなスタートを切るかた、新たな環境で新たなチャレンジを目指すかた、ぜひ私たちと一緒に看護をしてみませんか。

健生病院 総看護長 寺島 由美

看護部理念

  1. 患者様から学び、一人一人を大切にした看護をめざします。
  2. 患者様の「生活」や「労働」に目を向け、継続した看護を提供します。
  3. 常に自己研鑽し、安全で信頼される看護を目指します。

看護体制

 当院では、一般病棟に現在の診療報酬上で最も手厚い7:1(※)の看護師を配置し、看護必要度に応じた看護体制をとっています。これにより患者さまに接する時間が増え、清潔ケアの充実、環境整備の徹底など患者さまの立場に立った看護を実践しています。

※7対1看護配置とは
 医療保険から病院に支払われる報酬は看護態勢が手厚いほど多く、一般病棟では、看護師1人が対応する患者数に応じ、「15対1」「13対1」「10対1」「7対1」の4区分があります。「7対1看護配置」とは、入院患者さま7人に対して看護師1人以上を配置するという最も手厚い看護体制です。高度医療への対応、医療安全の確保など、より一層安全で安心な看護の提供が可能です。