津軽保健生活協同組合【健生病院】 認定
 HOME > 情報公開 > 医療安全の基本的な考え方 サイトマップお問い合わせ

 健生病院における医療安全の基本的な考え方


 医療現場では医療の高度化、複雑化があり、 また多くの医療従事者が集団的に医療行為に関わることから、 医療事故を完全になくすることはますます困難になっています。そうした中で、医療事故をなるべく減らす、また事故が発生しても軽度なものに留めることが求められます。健生病院では医療安全管理指針を定め、医療の安全確保に取り組んでいます。


医療安全の基本的な考え方

1.安全文化の醸成と定着を図る

  • 病院長のリーダーシップのもと全職員が患者さまの安全確保最優先に考え行動できる「安全文化」を醸成し、定着を図ります。

2.医療安全の確保に努める

  • 「人は誤りを犯すもの」「事故は不可抗力も含めて起こりうるもの」を前提とし、報告制度を充実させ、起こった「誤り」に対し原因究明、組織的対策を講じ再発防止につとめ教訓を共有します。

3.患者主体の医療と信頼される医療を提供する

  • 患者さまへ必要な情報を十分提供し、患者さま自ら相談できる体制を整え、患者さまが医療に参加できる環境を作り上げることを目指します。
  • 患者さまの主体的な医療参加や情報共有が安全対策の一つの鍵です。

 

 医療安全は、医療の質に関わる重要な課題です。「安全・安心の医療を受ける患者の権利」を守るために、安全で信頼される医療の提供に努めたいと考えます。





 

HOME
病院概要
診療案内
アクセス
お知らせ
健康コラム
情報公開
リンク集
医療連携
研修案内
 健生病院:〒036-8511 青森県弘前市野田2-2-1 Tel:0172-32-1171 Fax:0172-35-1678
copyright