TimeSwitch

精神科

私たちのこころは、私たちを取り巻く時代・社会の空気を受け止め、そこに生きるこころの形を作り上げます。まれに幸せな形をつくり、多くは困難を抱える形をつくります。精神科の診療は、時代・社会の空気を感じ取り、多職種が協働して、患者様に寄り添うことで可能になると考えています。

治療方針

地域で生活する患者様を支える(外来診療)、健生病院に入院する患者様の様々な心理的困難を他科と協力しながら支える(コンサルテーション・リエゾン)。この2つを大きな柱としています。

対応疾患

年齢・病態を問わず、心理的困難を抱える人が対象となります。

検査・治療

種々の心理検査、必要な時には画像検査を行います。
治療は、個人に寄り添う心理療法、薬物療法、デイケアというミニ社会での治療(当事者同士の支えあい)、訪問看護、そして院外の種々の援助機関との連携によりなります。

精神科デイケア

主に成人を対象とした「一般デイケア」に加えて、10〜20代前半までを対象とした「思春期デイケア」を実施しています。また、ご家族への支援として「思春期家族教室」を開催しています。

 

精神科の外来診療および精神科デイケアは「健生クリニック」にて行っております。受付時間等は、外来担当医表にてご確認ください。

健生クリニック 外来担当医表